互換インクとは?

プリンターのインクの中には幾つか種類がありますが、互換インクをご存知でしょうか?これはプリンターメーカー以外の会社が製造したインクのことで、純正インクと互換性があるインクカートリッジのことを言います。
そして、純正インクよりも安価であることから人気が高いです。

インクは案外コストのかかるもので、大量に印刷があるオフィスなどですと、コストがかかるものとされています。
インクを購入市に店頭に行くと、メーカーとは別の名前で、しっかりと自分のプリンターに対応する互換カートリッジや互換インクを目にする機会が多くなっています。

メーカーのインクよりも安いことから、手にしたいところだけど、安全性や性能の点で不安がある方も少なくないのですが、品質的には純正インクを100とすると90以上のものはあるとされています。
ということは使っても安心な品質であることでしょう。

ただし、メーカーなどでは、この互換インクの存在はあまりよいものとは言っていないケースも見受けられますが、これは当然のことです。
まだ品質もあえて100ではなく90しかないことから、純正インクの方が良いものと言えますし、メーカー保証も存在します。
ただ純正インクと互換インクの価格を考えると、90くらいの品質でも良い印刷物には、印刷コスト削減のためにも互換インクをどうぞと言った事になります。

印刷する内容にもよりますが、互換インクそのものの粗悪品と言った評判はあまり聞かれないことから、最近互換インクの信用は高いといえます。



▽関連情報
買い上げ後1年間の品質保証がついているリサイクルトナー専門サイトです → リサイクルトナー

Copyright © 2014 互換インクについて All Rights Reserved.